世界の大富豪はポールシフト後に生き残るための準備をしています。

世界の大富豪はポールシフト後に生き残るための準備をしています。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより

転載開始

オルターナティブメディアではずいぶん前から小惑星の衝突、太陽嵐の影響、地震、噴火、洪水、干ばつなどの災害による危険性を訴えてきました。

そのため、特にアメリカではオルターナティブメディアを情報源とする多くの人が食料や水の備蓄を行っているようです。

そして、ついに主要メディアまでがそのような報道をはじめました。なぜでしょうか??

フォーブスは、世界の大富豪が、ポールシフトにより地球が破壊された後に、生き残るために内陸部の乾燥地帯に広大な農地を購入したと伝えています。

何らかの原因でポールシフトが起きると地球の表面の大部分が浸水しますから高地でないと助かりません。

ポールシフト後の日本地図はありません。エドガーケイシーが日本は沈むと言っていましたが、そうなるのでしょうか。

それにしても、世界の大富豪は地球が壊滅的になっても自分だけは生き残ろうとするんですね。

かなり生に執着があります。

お金に執着がある人ほど生にも執着があるようです。

まあ、あの世に行ってもよいところには行けないことを知っているからでしょう。

世界の大部分が大洪水で沈んだら、それまでです。

魂は永遠に生き続けますから心配はありません。

続きを読む