プレバンサクラ大戦レビュー4

赤 ユニット

・さくら

信頼度依存の除去テキスト。悪くはないんだが、前回のメタルさくらの使い勝手がめちゃくちゃいいし、交戦限定で信頼度が溜まるまでバニラ同然なのはやはり気になる。武装変更先ともあまりかみあわないし。使うなら大神華撃団+トップエース大神による初動から一気に展開+信頼度上げねらいか。

・アイリス

こいつ、つえーぞ・・・配備に使える貴重なドロソ。その上で信頼度もあがるときたもんだ。耐久4もある程度生き残りやすいラインだし、がりがりアドを稼げる。

ただ気をつけたいのが3ターン目にプレイすると、ユニットとGの通常プレイ権を消費済みでだすことになるので、効果で除外した手札を使えないことがそれなりにでること。

・紅蘭

な ん だ こ れ ! ?

さすがにつえーの一言。

プレイ時、出撃時にGブーストをするためガリガリGが溜まる。

紅蘭プレイ→Gブーストから四コストキャラプレイしてそこからユニット呼び出しと繋げれるため展開力にも一役買う。光武紅蘭機とのシナジーも強く、光武大神機へのはやだしにも繋がるため使用用途が多い。

他の紅蘭も強いし、どれもシステム系のためデッキの方向性を考えて採用枚数を吟味したい。

・織姫

つえーな、おい。

こいつと同じエリアのユニットを全て活動状態なら休息状態、休息状態なら活動状態にする。

敵味方問わないため、普通に全体ロールテキストとしても使えるし、多少使いにくさがでるが擬似装填やリロールインにも使える。

だが、やはり注目すべきはトップエースとのシナジー

大神の場合は、自発的に自分ユニットを休息状態にすることで、大神のテキストから信頼度上昇の効率を大きくあげることができる。

エリカの場合は、パリ組の休息状態のデメリットを消すため、一方的な全体ロールテキストになる。

そんな優秀でクイックと謎のテキストが1ターン二回とやてら優秀。

ただし資源コスト2が重い点は注意。

・光武弐式(さくら機)

交戦中限定の信頼度依存のバウンスかぁ・・・と思ったら、バウンス対象の場所も種類も問わず、バウンス先はデッキ下、参照値は合計コストと満たしやすく、その上で回復までついてくる。

さすがにここまでくれば強い。

耐性付与しながら、要求信頼度をほぼほぼ満たす光武大神機とは非常に相性が良く、霊子甲冑軸の主力になるだろう。

・ 光武弐式(アイリス機)

な に こ の ゴ ミ

・ 光武弐式(紅蘭機)

な に こ の ゴ ミ

というほどではないんだがよええ・・・ゴミ一歩手前。前回の光武紅蘭機が強かったのもあってなぁ・・・

・ 光武弐式(織姫機)

手札コストがなぁ・・・手札コストありで信頼度依存までして休息状態にするのは割に合わないが、信頼度依存せずに配備に届く除外は強いが休息状態の相手ユニット限定。これが刺さるかどうかにかかってる。

・エリカ

古式ゆかしいコインによるサイズアップテキストだが資源コストがはっきり重い。

トップエースエリカによる光武弐式orF2大神機のリロールインにあわせてサイズと信頼度をあげる前のめりな運用をしたいが、パリ組はサーチがほぼないためそれもなかなかに厳しいので見た目より使いにくい。

信頼度が溜まれば普通に優秀なバウンスなので、前のめりな運用はワンチャンくらいに考えればいいだろう

・コクリコ

古式ゆかしい出撃か交戦でドローと、信頼度が溜まれば相手プレイヤーのユニットテキストプレイ封じ。

どう考えてもプレイ封じがメイン。ドローに関しては同じロリ枠のアイリスとの差が大きすぎる・・・

テキストプレイ封じは微妙に範囲が狭いがやはり強力。攻撃側で真価を発揮するので、他のカードと合わせて詰めに使っていきたい。

・ロベリア

出撃か交戦でランダムハンデス、信頼度が溜まればキャラ破壊。

どちらもサクラ大戦では貴重なテキストで、また出撃だけでアドを稼げるのは優秀・・・なんだが・・・ロベリアはなんかいちいちサポートが弱い。

このカードだけ強くても仕方ない感じのレベルの性能。かなりもったいない。

・グリシーヌ

攻撃+3と強襲付与。

青のコクリコとあわせてワンパン構築のお供か。正直、地味。

強襲とサイズ付与だけならシーだけで充分なのでどうにもいまいち。

信頼度溜まってからの除去テキストは相手次第過ぎてなんとも微妙。このテキストで複数枚除去できるのは稀だなぁ・・・

・花火

部隊戦闘力+5のこちらもワンパンねらいむけ。

強襲付与はつかないもののクイックがあるのと、武装変更先がどれも配備で仕事する点がなかなか。

信頼度が溜まってからの配備に味方をひっこめるテキストは地味ながらにワンパンねらいなら役に立つことは多いはず。

・ 光武F2(エリカ機)

配備からの交戦中の相手ユニット全て、両面に対応して四点焼けるのはさすがに優秀。

さらに信頼度があがるとデッキからユニットを展開するテキストは、そこから光武F2エリカ機をひっぱればさらに展開できるためなかなかに優秀。

・・・だが、非常に残念なのが、実は光武大神機と相性が悪い点。光武大神機は自分の効果の焼きも無効にするため、自分と相手を焼くこのユニットのテキストは不発になってしまう・・・

展開補助のテキスト自体は、今回の新しい大神とかみあってるため非常に惜しい。

・ 光武F2(コクリコ機)

じ、地味ぃ・・・

相手ユニットをひっぱりだせるテキストはまあ、悪くはない。

信頼度が溜まってからの特殊効果変更テキストは戦闘エリア限定のため、相手の高機動を消してどやぁ、ができない。

とにかく地味過ぎる。

霊子甲冑は武装変更前提だが、パリ組はサーチ不足なため、かなりの事故要素なのに地味だと困りますよぅ・・・

・ 光武F2(ロベリア機)

こちらも地味だが、少しトリッキー。

全体マイナスと、少し特殊なユニット自身と、自分と同じエリアのユニットの移動テキスト。

敵味方とわず移動させるため、用途は広い。

マイナス修正もサクラ大戦では貴重で、カンナやすみれのサポートとしても運用可能。

だが・・・サーチ不足のパリ組霊子甲冑という事故要素の割に合うかというと・・・

赤は有用カードが多い。

どちらにしろ混色が基本のサクラ大戦なので、色配分に気をつけていきたい